MIZUNO SHOP ミズノ公式オンラインショップ



【Phiten】多くのプロアスリートが使用!!


2013年01月25日

高梨沙羅

高梨沙羅がノルディック世界ジュニアで2連覇。
将に高梨沙羅は天才少女だ。


ノルディックスキーの世界ジュニア選手権は24日、チェコ・リベレツでジャンプ女子個人(HS100メートル、K点90メートル)を行い、高梨沙羅(16=グレースマウンテン・インターナショナル)が同種目初の2連覇を果たした。


小雪の舞う中、昨季W杯総合女王ヘンドリクソンらライバルはミスを犯したが、高梨は2回とも大飛躍を決めた。


1回目に98・5メートルを飛んでトップに立つと、2回目もこの日最長不倒の102メートル。
課題の着地でも1回目で55点の加点を得るなど手応えを得た。


「自分の力を発揮できてうれしい」。
今季W杯総合上位3人が集うハイレベルの大会を制し笑顔を見せた。


天才がさらに努力を重ね、素晴らしい好結果をもたらしている。


日本の場合はスポーツ選手が特にそうだが、高梨沙羅、宮里藍、宮里美香ら女性陣の世界的な活躍が光っている。

ラベル:高梨沙羅
posted by yasuucare at 10:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

高梨沙羅15歳

高梨沙羅がW杯スキー、女子ジャンプで堂々の2位。


15歳の高梨沙羅(北海道・上川中)が、2回合計242・6点で2位に入り、日本人女子で初の表彰台に立った。


高梨沙羅は、1回目に100・5メートルで4位につけると、2回目も99・5メートルを飛び順位を上げた。

昨季、史上最年少で世界選手権(6位入賞)に出場するなど、歴史を塗り替え続けてきた15歳の高梨沙羅が、再び大仕事をやってのけたのだ。


風向きがめまぐるしく変わる不安定な条件も高梨沙羅には関係なかった。
1回目(100・5メートル)で4位につけた2回目をタイミング良く飛び出すと、ぐんぐん飛距離を伸ばし、K点を大きく越える99・5メートルで2位に入り、日本女子で初めて表彰台に立った。


高梨沙羅は、12月の開幕戦で5位に終わっていた。
帰国後「世界での自分の位置が分かった。常に意識していきたい」と“仮想”世界をイメージ。


その後の国内2連戦を圧勝すると「ここまでは先輩たちが作ってくれた道。ここからは私がみんなを引っ張れるような存在になりたい」と日本女子のエースとしての自覚を口にするまでになったという。


高橋沙羅の今後は13日開幕のユース五輪(オーストリア)、2月の世界ジュニア選手権(トルコ)など、ジュニアの大会に比重を置いて出場する予定。
「個人と団体のメダルを取りたい」と意気込みも頼もしい。


高橋沙羅がさらに技術を磨いていけば世界の頂点も決して夢ではない。
願わくば100メートルを超えるジャンプだから、決して気を緩めず大きな事故や怪我だけがないようにして欲しい。


今は記録だけにとらわれず、時間をかけて練習を積み、技術を高めた成果を見せて欲しいものである。


スキージャンプ・ペア2 オフィシャルDVD (DVD)

スキージャンプ・ペア2 オフィシャルDVD (DVD)


【661087n 女児(ガールズ)フード付き スキースーツ[ベビー]】〔ベビー90〕〔ジャンプスーツ〕

【661087n 女児(ガールズ)フード付き スキースーツ[ベビー]】〔ベビー90〕〔ジャンプスーツ〕


ラベル:高梨沙羅
posted by yasuucare at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。